月別アーカイブ: 2013年5月

イーモバイルLTE対応スマホ(STREAM X GL07S)について


STREAM X GL07Sの詳細・申込はこちら

STREAM X GL07SはイーモバイルLTE対応スマートフォンで、
EdyやSuica・nanacoなどが使えるおサイフケータイ機能やワンセグ機能など、
2つ折りケータイで人気の高い機能を備えた全部入りスマホです。
4.7インチの大画面液晶を搭載しながら、8.6mmの小型ボディで
女性の手にもなじみやすいラウンドボディを採用しています。

LTE搭載なので、最大75Mbpsの高速通信と、人口カバー率94%の3Gの両方が使えます。
イーモバイルLTEスマホはポケットWi-Fiルータと同じく月3880円で利用可能です。
電話番号やメールアドレスを取得することもできます。

通話定額オプション(月1400円)をつけることも可能で、
他社携帯やPHS・固定電話への10分以内の国内通話が月300回まで無料になります。
営業職の方や、お話が好きな方におすすめです。

本体代金を含め月3880円で利用できることが最大の魅力です。
ご自宅の通信もイーモバイルLTEにまとめると更にお得です。
パソコンをお使いの方は、ノーリミットモードが使えるWiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円
→初月無料!さらに最大31,000円キャッシュバック!(2016年7月現在)

※2013年5月4日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

関連記事:
イーモバイルLTEスマホの料金
イーモバイルLTEのエリア
イーモバイルLTEスマホの速度

イーモバイルLTEスマホの料金


ワイモバイルのスマホの詳細・申込はこちら

イーモバイルLTEスマホの料金について説明します。
イーモバイルLTEスマホはポケットWi-Fiルータと同じく月3880円で利用可能です。
月3880円で電話番号やメールアドレスを取得することもできます。

通話定額オプション(月1400円)をつけることも可能で、
他社携帯やPHS・固定電話への10分以内の国内通話が月300回まで無料になります。
営業職の方や、お話が好きな方におすすめです。

イーモバイルLTEスマホの料金内訳
①LTE電話プラン(にねん)基本使用料 980円
②専用データ通信プラン「データ定額5」3880円
③LTEスマホ割 -980円
→合計3880円
携帯電話の料金プランに似ていますが、
本体代金を含め月3880円で利用できることが最大の魅力です。

一般的なスマートフォンだと、毎月6775円
(基本料980円+パケット5460円+ネット315円)+端末代金がかかるので、
年間で35000円近くもお得に利用できます。

ご自宅の回線もイーモバイルLTEにまとめるとお得です。
スマホ用の料金プランだと、月5GBを超えると128kbpsに速度制限されるので、
パソコンやゲーム機でも通信したい方は5GBを超えても速度制限のない、
ポケットWi-Fiルータ
がおすすめです。
スマホ用プランでも月2625円支払うことで、通信速度制限を解除することも可能です。

まとめ
①パソコンでのデータ通信をしない方→LTE対応スマホがおすすめです。
②パソコンでのデータ通信をされる方→ポケットWi-Fiルータがおすすめです。
③パソコンもスマホも使いたい方→ポケットWi-Fiルータとipod touchなどの2台持ちがおすすめです。
④③で電話番号も必要な方→050plusアプリや2つ折りケータイを使うと比較的経済的です。

ワイモバイルのスマホの詳細・申込はこちら

※2013年5月3日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

関連記事:
LTEスマホ割(イーモバイルLTE)について
STREAM X GL07S(イーモバイルLTE対応スマートフォン)について
GL06P(ポケットWi-Fiルータ)について

イーモバイルLTEのエリア


ワイモバイルのスマホやポケットWi-Fiの詳細・申込はこちら

イーモバイルLTEのエリアについて説明します。
イーモバイルLTEは最大75MbpsのLTEエリアと、
最大42Mbpsの3Gエリアの2つがあります。

サービス開始からLTEエリア・3Gエリアともにエリア拡大を続け、
3Gエリアは人口カバー率の95%で、
LTEエリアは主要都市(県庁所在値周辺など)の99%で利用可能になりました。

個人的に、田舎の実家周辺がイーモバイル3Gエリアに入っていたのは驚きでした。
最近では、地下鉄の駅や地下街・地下鉄での移動中でも利用できるエリアが
増えてきているので、急ぎの連絡や調べ物の際にも役立ちます。

自宅や勤務先・学校がLTEエリア外でも、3G回線での通信が利用できます。
両エリアとも拡大を続けており、3Gと料金的にも差がないので、
LTE回線での申込がおすすめです。

《2013年5月25日追記》
LTE対応スマホのSTREAM X GL07Sは、2013年の夏からソフトバンクの
3Gエリア(全国99.99%)に対応予定で、全国どこでも使えるようになる見込みです。

ワイモバイルのスマホやポケットWi-Fiの詳細・申込はこちら

※2013年5月2日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

関連記事:
イーモバイルのエリア(人口カバー率などの詳細)について
STREAM X GL07S(イーモバイルLTE対応スマートフォン)について
GL06P(ポケットWi-Fiルータ)について

イーモバイルLTEスマホの速度


ワイモバイルのスマホやポケットWi-Fiの詳細・申込はこちら

イーモバイルLTEスマホの速度について説明します。
LTEスマホ(STREAM X GL07S)などは、LTE規格に対応しているので、
最大75Mbpsでの高速通信が可能です。

GL07Sは4コアCPUと16コアGPUを搭載し、動画やゲームも快適に楽しめます。
ワンセグ対応の4.7インチの大画面液晶を搭載しながら、8.4mmのスリムボディで
女性の手にもなじみやすいラウンドボディを採用しています。
1300万画素のCMOSセンサー搭載したカメラと、EdyやSuica、nanacoなどの
電子マネーやポイントカードが1台にまとまるおサイフケータイも搭載しています。

テザリング機能で、ポケットWi-Fiルータのように
パソコンやゲーム機をWi-Fi接続することもできます。

自宅や勤務先・学校がLTEのエリア外でも、人口カバー率94%の
3G回線(最大42Mbps)での通信が可能です。

3880円で使い放題ですが、月の通信量が5GBを超えてしまうと128kbpsに速度制限
されてしまいます。月2625円で、通信速度制限の解除ができますが、大容量の
データ通信を予定されている方は、ノーリミットモードを使えるWiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円
→初月無料!さらに最大31,000円キャッシュバック!(2016年7月現在)

※2013年5月1日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

関連記事:
STREAM X GL07S(イーモバイルLTE対応スマートフォン)について
GL06P(ポケットWi-Fiルータ)について
イーモバイルの帯域規制・制限速度について